2008-08-13

将棋鑑賞

プロフィールに書いた「将棋鑑賞」について補足説明をするとプロ棋士の将棋を見るということです。そのまんまですけど。野球も草野球を自分でプレーして楽しむ人もいればプロ野球を見て楽しむ人もいるわけじゃないですか。それと同じでプロ将棋を見て楽しいわけです。

「ウェブ進化論」で有名になった梅田望夫さんも、将棋鑑賞を至上の喜びとする方のようです。

梅田さんのブログ記事より
「最新戦法の話」(勝又清和著 浅川書房)
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070502

テレビで見るのもいいですが、我々くらいになると現地へ行きます。名人戦などのタイトル戦はホテルや旅館で行われるのですが、そこで大盤解説会というのが行われます。対局場までは入れませんが同じホテルの会場で、あーでもないこーでもないと解説の棋士と聞き手の女流棋士の話を聞くわけです。放送時間に関わらず終局まで見届けられます。

2 comments:

march said...

三羽さん、こんにちは~

おぉ~現地まで見に行かれるのですか!筋金入りのファンですね。てゆうか、フットワーク軽いですね!
以前、NHKのトップランナーという番組で、渡辺竜王が出演されているのを見ました。若い天才のフレンドリーな感じに魅かれて、将棋のこと何も知らないのに、ブログ(http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/)を一時期読んでいました。(今は読んでいません。)ものすごくまめに更新されています。
何も分からないんですが、対局の真剣勝負を間近に見るのはとても面白そうですね(^_^)b

三羽四郎二郎 said...

> フットワーク軽いですね!

やっぱり現地でないと味わえない何かがあると思います。PRIDEも何度も会場へ行きました。将棋も解説を聞いていると面白いですよ。米長会長の解説がピカイチでしたけど、「こんな手を指すなんて対局者の二人は二度と口をきかないつもりですね」とか。えー、そんなえげつない手なの?! と素人の我々は分かったような気になるんです。

> 将棋のこと何も知らないのに、ブログ(http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/)を一時期読んでいました。

おー!渡辺竜王のブログはもちろんいつもチェックしていますよ。若いのにパパです。二十歳のときに既にパパでした。竜王というのは将棋界ではビッグタイトルです。挑戦者決定のトーナメントも大詰めを迎えていて今日まさに羽生-深浦の大一番が行われています。羽生名人は将棋を知らない人でも名前は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。