2010-08-04

英文解釈教室

慶應義塾大学言語教育シンポジウムに行ってきました。(先月ね)

「英文解釈法再考---日本人にふさわしい英語学習法を考える」
というテーマでした。

ここで伊藤和夫の評価が高かったのが意外でした。大学受験の参考書の著者としか認識がなかった。TEX加藤さん土佐犬さんは高校の時に伊藤和夫の「英文解釈教室」や「英語構文詳解」をやりこんでいたことが過去のブログ記事から分かります。

シンポジウムでも紹介されていた、伊藤和夫著「英文解釈教室」のはしがきより

「英語で考えよ」と言われる。だが,方法を教えずにただ考えよと言ったところで絵に描いた餅にすぎない。「直読直解」といわれる。たしかに読むにしたがって分かるのは理想である。しかし,それはどのような頭の働きなのか,何を手がかりとし,どのような習練を積めばその域に到達しうるかの具体的道程を示さずに,念仏のように直読直解を唱えたところで初心者には何の助けにもならない。「多読が重要である」と言われる。だが,そもそも読むことができない者に多読と言った所で,それは多くを読んでいるのではなく多くを誤解しているにすぎない。
(「英文解釈教室」 初版 はしがき より引用)

そして本書は、直読直解への具体的な1つの方法を提示しているという。まずは「入門編」からやりはじめました。へたれですいません。

No comments: