2011-02-19

伝説の少女が鬼教官になった日

 池袋、伝説の少女といえば、名古屋のIkuさんですが、彼女が昨夏のチーム三羽オフ会のときに鬼教師になった話。

 なんでそういう話になったのか覚えていないけれど、オフ会が始まる前に、拙者とペンギン太郎向けに英会話学校の模擬レッスンをしましょうかということで、なんかしらんけどお願いしますということにしてたんです。

 結局その時間にHUMMERさん以外友人と昼食を取ったMこ。さんも含めて全員集合しよりましたんや。友人ゆうても誰やわからしまへんで、ほんまに。ほんと初心者向けのレッスンなんで、三羽さんとペンギンさん向けと思ってたのでこんな上級者のかた向けにやるのは緊張しますとIkuさんが直前のメールで書いてたので、初心者で悪かったなと返信したものでした。

 レッスン内容の詳細はネタバレになるので書きたくもありませんが、その中に音読筆写のコーナーがありました。できるだけ速く指定の英語を紙に書きつつ声にも出すというレッスンでした。Ikuさんは細メガネで外見も完全に女教師でした。ジャンルじゃないですよ。

 私は土佐犬さんの隣で自己最速で書いてたのですが
「サンパ遅い!」
「ひぇぇぇ~」
「土佐犬さんも遅い!」
「わんわん」

というわけで縮み上がった僕たちでちた。

そのIkuさんも講師を務める名古屋TOEIC祭りが3月6日名古屋観光専門学校で開催されます。
あなたが見るのは、伝説の少女か鬼教師か?

2 comments:

HUMMER said...

Ikuさんの授業は、その日の夜に受けたTOEICのリスニングのものだけでしたが、もう、最高に素晴らしい授業でしたよね。
Ikuさんの授業は教材作成から始まり、もう何から何まで行き届いている授業を普段からやっていらっしゃるんだな、と強く感じました。
名古屋のみなさんが本当にうらやましいですよ、また今年もIkuさんの授業やAzuriteさんの授業を受けてみたいです。
今度東京にいらっしゃったときには、ダメ元でも良いのでとりあえずご連絡下さいね。
どうぞ宜しくお願い致します。

三羽四郎二郎 said...

コメントが消えた原因が分かりました。スパムと認定されたようです。(;´Д`)

復活させました。

また関東に行ったときはよろしくお願いします。