2009-04-03

初恋の人から四郎二郎さんへお手紙が届きました

二郎、元気にしてる?
今でもバタフライナイフを見せびらかしていますか?自慢のナイフを先生に取り上げられていた二郎をなつかしく思います。
泣きじゃくる私に二郎が「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう21年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。
あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたら二郎からの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。今考えると、私って二郎に対してひどいことばかりしたなぁと思います(汗)。二郎はいつも私のこと包んでいてくれたのに、私は臆病で心を開けなかったし、「二郎はどうせ私のカラダ目当てじゃない!」なんて暴言を吐いていましたよね。それは事実としても、もっと他の言い方がなかったものかなぁと反省しています。私はともかく二郎にとっては初恋の相手が私だったんですよね。
そうそう、最初のころの二郎は、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていましたね。家に帰ってからすぐ洗ったけど、二郎が幸せそうだったからそれでいいんです(笑)。
二郎は付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。
恋愛を総合的に考えれば、私は二郎と付き合えてよかったなぁと思います。当時は少し恥ずかしかったし疲れたけれど、私が男性のように強くなれたのも、二郎がどこか頼りなかったおかげだと思っています。
いろいろ書きましたが、私は二郎のことがそれでも好きでした。これからも二郎らしくいられるよう、そして当時のように武器屋になる夢をあきらめないで(笑)、幸せをふりまいてください。またいつか会いましょう。

では。

P.S. お笑いについて知ったようなこと言うクセはもうなくなりましたか?

<参考>
My Crazy Road, マーティン
http://english120.blog111.fc2.com/blog-entry-715.html

4 comments:

マーティン said...

やってくださったんですね!
三羽さんは武器屋になる夢があるのですねw

>一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから

その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです(笑)

OJiM said...

三羽さん
こんにちは!

この記事を最初、素で読んでしまいかなりビックリしました!?
エプリルフール?
三羽さんに何か重大な変化が?
ハッカーによるイタズラ?
実は三羽さんて??
ええっー?

しばらくしてから事情がわかってホッとしました。^^;

MIYA said...

三羽さん

こんにちは。
先週はTBRでお世話になりました。

これ(手紙)、
今流行っているのでしょうか?
私はモザンに居る、近い将来私の同居人になる方のブログから引っ張って来たんですよ。

21年って…もしかして私と同年代でおられるのでしょうか?

三羽四郎二郎 said...

マーテインさん

> 三羽さんは武器屋になる夢があるのですねw

笑えますね!いわゆる死の商人ってやつですか。

OJiMさん

> この記事を最初、素で読んでしまいかなりビックリしました!?

失礼しました(^_^)
拙者もマーティンさんの記事を素で読んでしまい、何載せてるんだマーティン!って思ってしまいました。『泣きじゃくって「別れないで済むなら何でもするから」と言ったマーティンにうんざりして』ってありえそうな気がしたんですよね。

MIYAさん

> 先週はTBRでお世話になりました。

どうもどうも

> 私はモザンに居る、近い将来私の同居人になる方のブログから引っ張って来たんですよ。

モザンにも初恋レターが!?

> 21年って…もしかして私と同年代でおられるのでしょうか?

鯖読んでますから気にしないでください。MIYAさんの歳も承知してござらんので同じ年代かどうか。いや違いましょう。